目から入る紫外線をカットしてシミ予防を

目から入る紫外線をカットしてシミ予防を

たくさんの紫外線を浴びることで、基底層では肌を守るために多くのメラニン色素を生産しますが、サイクルが間に合わなければシミになります。
現代では美容皮膚科などでの、手軽なシミ取り治療を受けることができるので、皮膚科でのシミ治療の対処の一つです。
できたシミを治療で取り除く前に、肌にシミをつくらない対策をする必要もあります。
直射日光を素肌にそのまま浴びてしまえば、肌は黒く日焼けをしてシミができるのは知られていることです。
しかし意外と盲点になっているのが瞳であり、目のUVケアはノータッチという人も少なくはありません。
太陽から降り注がれる紫外線が目に入ることで、瞳の角膜には軽い炎症が生じます。
ダメージを瞳に受けたとこを理解した脳は、シミの原因となるメラニン色素を作るように指令を出すので、瞳からの紫外線吸収もシミのもとです。
シミだけではなく大量の紫外線を瞳に浴びることで、黄斑変性症や瞼裂斑、角膜炎や白内障を招く可能性もあります。
目を守るためにも、肌を白く保つためにも、日差しが強い時期の外出には、サングラスの利用が瞳を守る武器です。
帽子をかぶったり、日傘をさしたりして、強い日差しから瞳を守ります。