国民医療に関する保険としてあるもの

国民医療に関する保険としてあるもの

日本では国民皆保険というのがあります。
確実に保険に加入していることが義務になっています。
例えば国民健康保険です。
私は国民健康保険ではなく、企業の組合の保険だ、という人もいるでしょう。
国が認めているところであればそちらでもよい、という医療制度になっています。
ちなみにこれによって3割負担、或いは1割負担などにしてもらうことができます。
基本的には3割負担となるでしょう。
医療保険を上手く利用することによってもし病気になってもそこまで大きな負担にならなくなる、というメリットがあるわけです。
これこそが実に有難いことであり、国民の健康を守っている制度であるといえるわけです。
国によっては完全に自己負担のところもありますし、完全に国が負担してくれるところもあります。
制度的には一長一短ようなところですから、意外とどうすればよいのか正解があるわけではない制度でもあります。
負担的には日本の制度が一番バランスがよいでしょう。